2010年03月29日

「日韓併合まで朝鮮近代化できず」枝野行政刷新相(読売新聞)

 枝野行政刷新相は27日、松江市で開かれた民主党島根県連の会合で講演し、4月下旬に始める事業仕分け第2弾に関し、「独立行政法人や公益法人のあり方と税金の使い方の無駄に大胆にメスが入る仕組みを秋くらいに出す」と述べ、事業仕分けの結果を踏まえ、独立行政法人などの抜本的な制度改革に関する基本方針を今秋にまとめる考えを示した。

 また、「日本が(東アジアで)一番早く明治維新という形で近代化の道を歩み始めた。朝鮮半島、李氏朝鮮も近代化しようと国内で頑張った若い人たちがいたが、日韓併合まで近代化することができなかった」と述べた。そのうえで、「明治維新のように、新しい時代に対応した政治や行政のシステムを作らないと、ひどいことになる」と語った。

羽田、小野両副知事を更迭=不適正経理の責任問う−松沢神奈川県知事(時事通信)
津波避難、8割超が3メートル以上=3分の2は行動起こさず−沿岸住民調査・静岡大(時事通信)
雑記帳 「ぽん太」使って樹木内部簡単に診断 島根・出雲(毎日新聞)
首相、小沢氏らと懇談「国民の目は厳しい」(読売新聞)
21日は全国的に黄砂=気象庁(時事通信)
posted by ミヤシタ ダイスケ at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

<雑記帳>「工学博士号取得世界最高齢」ギネス申請(毎日新聞)

 「リカちゃん人形」を生んだ玩具メーカー「タカラ」(現タカラトミー)創業者の佐藤安太さん(86)が母校の山形大工学部大学院を21日に修了する。「工学博士号取得世界最高齢」とギネスブックに申請した。

 「経営の経験を生かしたい」と3年前、ものづくり技術経営学専攻に入学。一代で会社を築いた経験と、おもちゃを作れる人間を育てたノウハウを、教育工学で理論化、自己育成法の論文にした。

 4月から山形大などの教壇に立つ予定。大学で実感した「競争意識の少ない学生」を「国際社会の中で立ち向かい、たくましく自分を育て活躍する人」に着せ替えることができるか。【近藤隆志】

【関連ニュース】
雑記帳:ギネス挑戦、巨大モザイク画…京都
ブルース・ウィリス:ギネス認定のバーチャルバンド「ゴリラズ」のPVで謎の男を熱演
杉山愛:世界の技を伝授するテニスレッスン番組 WOWOWで6日から放送
ロンブー・淳:「次は主人公に」とアピール 劇場版「遊☆戯☆王」舞台あいさつに登場
注目映画紹介:「遊☆戯☆王 超融合!時空を越えた絆」 ロンブー淳が“最凶の敵”に

「見たことない」兵庫の患者骨折、防止2度逃す(読売新聞)
官房機密費の全面公開、平野長官は否定的発言(読売新聞)
公務員「早期勧奨退職」継続、総務相が意向(読売新聞)
外交専門誌、夏にも創刊=外務省(時事通信)
女子トイレ侵入の教諭、ビデオに自分映り逮捕(読売新聞)
posted by ミヤシタ ダイスケ at 03:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

福島氏、同意人事案に署名「反対ではあるが、署名はやむなし」(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は23日の閣議で、政府提出の同意人事案に署名した。福島氏は、原子力安全委員会委員に班目(まだらめ)春樹東京大大学院教授を起用する案に反対していたが、平野博文官房長官が同意人事案の与党への提示方法などについて今後協議するとしたため署名に応じた。福島氏は閣議後の会見で「(人事案には)反対ではあるが署名はやむなし」と述べた。

 社民党は福島氏の署名を受けて党としての対応を協議する。当初は同意人事案については反対か棄権するとしていたが、賛成に転じる可能性もある。

【関連記事】
福島さん、矛盾しませんか? 国会同意人事で
税制法案、衆院で審議入りへ 国会同意人事も
参院が同意人事可決 衆院は採決見送り
自民、人事官人事に反対「天下りの定義、納得できぬ」
“脱官僚”崩壊 「適材適所」と開き直り

薬害C型肝炎訴訟 カルテなし原告和解 東北初の成立(河北新報)
プリウス・ブレーキに不具合なし=千葉の玉突き事故で調査−県警(時事通信)
興正寺・雲龍図、江戸前期の狩野探幽作と発表(読売新聞)
ゴールドウイン、macpacから丈夫で防水性の高い素材を使ったバックパック「カカポ35」など発売
放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)
posted by ミヤシタ ダイスケ at 01:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。